相場価格を調べる方法

相場価格を調べる方法

相場価格を調べる方法 不動産買取の前に相場を知って参考にできる方法がいくつかありますので、その調べ方を覚えて活用すれば、不当に安い価格で契約をしてしまうなどのトラブルを未然に避けることができます。
もしも対象となっている不動産が土地の場合には、国税庁が公開している路線価を調べる方法がそのひとつです。
路線価は土地が面している道路ごとに決まっている単価に土地の面積を掛け算して求めるもので、もともと相続税などの税金の計算をするために作成されています。もっとも路線価は実際に不動産市場で取引されている価格の7割程度といわれていますので、その点だけは注意が必要です。
ほかには国土交通省の公式サイトのなかにある、土地総合情報システムを利用するのも便利です。このシステムには過去に取引された土地や建物の場所や面積、取引価格などのデータが蓄積されていますので、場所などで絞り込みをすれば類似事例の相場がわかります。
また民間の不動産一括査定サイトを利用して、不動産買取ができる会社に査定を依頼しておけば、早ければ数時間で査定結果が出ますので、これらを比較する方法も有効です。

売却相場を調べるなら国土交通省のサイトを利用

売却相場を調べるなら国土交通省のサイトを利用 不動産の取引方法には仲介と買取の2種類がありますが、どちらを選択するかによって売却相場が変動することを覚えておく必要があります。詳しく説明すると、仲介の場合は売る側と買う側の間に不動産会社が入ることで、個人による売買契約を取りまとめていくことです。
買取の場合は不動産会社に直接的に物件を買い取ってもらう方法なので、仲介で売却するよりも約70%近く安くなるというメリットがあります。
このように不動産買取を行う際には、どちらを選択すればより良い取引ができるのかをよく調べておくことや、エリア別に売却相場がどうなっているのかなどを知っておくことが必要です。
また、国土交通省が運営しているサイトを利用して、中古マンションや戸建ての不動産買取相場がどうなっているのかを知っておきましょう。
今までの傾向から考えると、中古マンションは築年数が上がるほど買取・売却価格が落ちていってしまうため、決断したら早めに行動することを心掛けて下さい。