事業者の利益

事業者の利益

事業者の利益 手持ちの住宅や土地などを売却する場合、一般には不動産仲介と不動産買取のいずれかの方法によることとなります。
不動産仲介とは、不動産会社に広告営業などを代行してもらい、買い手を探すことをいいます。売買契約がまとまった時は、不動産会社に仲介手数料が支払われます。
一方、不動産買取の場合は、不動産会社が自ら買い手となります。この場合は「仲介」行為には当たらないため、手数料は発生しません。
それでは、不動産買取を行った不動産会社はどのようにして利益を獲得するのかというと、これにはいくつかのやり方があります。最もポピュラーなのは、物件を転売することです。買い取ったものをそのまま別の個人や法人などに売る場合もありますが、会社が独自にリフォームやリノベーションを行い、付加価値を上乗せしたうえで売り出すこともあります。
もう1つポピュラーなやり方は、賃貸用物件に利用することです。これはマンションなどによく見られる例ですが、不動産会社が家主となって家賃収入の獲得を目指します。

デメリットがある土地や建物も、不動産買取してもらえる

デメリットがある土地や建物も、不動産買取してもらえる 利用目的がない空き地や空き家は、なるべく早めに手放した方がお得です。不動産物件のデメリットとして、所有するだけでも様々な維持費が掛かる点があります。利用価値が高い一等地や応用力のある建物であれば、賃貸物件にして貸し出す事が可能です。一方で長年お手入れがされず放置されていた空き家や不便な場所にある空き地などは、いわゆる利益を生み出す不動産物件にする事が困難です。
不動産買取の専門会社に相談し、不要な土地や建物は売却した方が毎年の維持費が削減でき、かえって経済的に助かります。不動産買取の実績が豊富な専門会社に相談した方が、好条件での売却が期待できます。またデメリットが多い不動産物件については、空き家や空き地買取に特化した専門会社に相談してみるの良い案です。その道の専門会社なら、他の会社よりもワンランク上の値段をつけてくれる可能性があります。素人目には売却が難しそうに見える僅かな土地や山奥の建物なども、相談先を賢く選ぶ事で相場以上の買取金額が望めます。